■器材の点検

ダイビング器材の無料点検開催中

ダイビング器材(レギュレータセットやDRYスーツ)を無料で点検できます。
しばらく器材を使っていないけれど、今度、海に行く。特に予定は無いけれど、押入れ奥に入れてあり心配だ。
オーバーホールまでは考えていないけれどチェックしておきたい
といった方々、お店に器材を持って来て頂ければ、その場で無料点検が受けられます。
上記に当てはまる方は、是非、受けられた方がよいと思います。ぜひ、ご活用下さい。



 器材のオーバーホール
ダイビング器材は年に1回の専門家による点検が義務付けられています
せっかくダイビング旅行に行かれるのでしたらオーバーホールを受けて安心してダイビングが出来るように準備しておきましょう
オーバーホールを受けていないと、事故や保険適応の関係上、現地で使用を断られてしまいますのでご注意を!

 ドライスーツ
 コメント:

ドライスーツは吸排気バルブのオーバーホールとシール部の点検をしておく事をお奨めします
バルブが固着するとエアーがスーツ内に入りっぱなしになったり
エアーが溜まらなくなったりしてしまいます

価格:

¥3.150〜
会員の方は無料


 レギュレーター
 コメント:

生命維持装置にも値する器材ですから安心して使える状態にしておきましょう
水中で空気が漏れ出してしまったり、呼吸のたびに水が入ってきてしまううトラブルが考えられます

価格:

1ST ¥3,150〜
2ND ¥5.250〜
ゲージ¥2100〜
会員特別価格あり


 BCD (ボイヤンシーコントロールデバイス)
 コメント:

浮力調節器具はダイビングの活動中で一番お世話になる道具です。点検を怠ると浮力が得られなくなったりBCD内に勝手に空気が入ってしまうトラブルの原因になります

価格:

インフレーター
¥2,500〜
カプラー
¥2,000〜



  --> 『STAFF』 メニュー へ